東京で起業するならシェアオフィスを利用するのがおすすめ

Share Office

What's new

シェアオフィスの料金体系はきちんと確認しよう

東京で賃貸暮らしの経験がある方なら、家を借りることに伴う出費の内訳についてはある程度ご存じでしょう。しかし、シェアオフィスのように事業用にスペースを借りる場合、どんな名目での出費が発生するのかについては、あまりよくご存じないのではないでしょうか。
まず、賃料は一か月単位で払うものが多いです。シェアオフィスの利用料比較などでも、月々のレンタル料を見て安い、高いと評価されるのが通常です。東京では個人の住居用家賃でも数万~十数万は普通ですが、レンタルオフィスなら、格安プランで住居用家賃の下限と同程度で利用できるところもあるのですから驚きです。利用料の他に支払いが必要になるものは、共益費、事務手数料、年会費、入会金などです。ただし、これらはシェアオフィス業者によって有料無料のところがあるため、契約前にしっかり確認する必要があるでしょう。
所謂光熱水費や、インターネット料金についても業者次第ですが、東京のシェアオフィスでは無料のところが多いです。契約するシェアオフィスを選ぶ際には、基本的には長くお付き合いするところですので、料金体系を細かくチェックして契約後に想定外の出費が発生しないよう注意しましょう。

シェアオフィスを法人が利用するメリット

東京ではシェアオフィスサービスを提供する業者が急速に拡大しています。これは、東京で初期投資を低く抑えて起業したい方や、従来自宅兼事務所で仕事をしていたフリーランスの方が、より生産性の上がる仕事環境を求めてシェアオフィスを利用するケースが増えてきたことによるものです。このような状況なので、シェアオフィスとは、そもそも個人ベースで利用するものという認識が広がっていますが、必ずしもそうではありません。
シェアオフィスを法人が利用するメリットは沢山あります。一つは事業拡大で従業員が増えた場合、新しく占有ビジネスオフィスを借りる代わりにシェアオフィスを借りて賃料をおさえること。勿論、セキュリティ等の観点からシェアオフィスで実施可能な業務は限られるので、シェアオフィスで働くスタッフはその観点から選ぶ必要があります。
他に、シェアオフィスを東京のあちこちに借りて、そこをテレワークの拠点として使うことです。完全な在宅勤務では却って能率が落ちるという人も多いです。そのため、オフィス勤務とテレワークの折衷案とも言えるシェアオフィスを活用するわけです。シェアオフィスの有効活用を考える法人は、先進的かつ合理的な会社と言えるでしょう。

シェアオフィスで使える設備や備品類

シェアオフィスは今では日本全国に広がりを見せていますが、やはり物件数が一番多いのは東京でしょう。多くのシェアオフィスがそれぞれユーザーにとって良かれと思うプランを提供しており、その内容は本当にバラエティに富んでいます。しかし、シェアオフィスというものが、利用者各自が固有スペースを要求しないだけで、オフィスとしての機能は備えていなければならない以上、どのシェアオフィスにもある備品や設備があります。東京でシェアオフィスを利用するのが初めての方は、そもそもその「オフィス」は、本当にオフィスなのかという基本的なことが気になりますよね。
まず、オフィスファニチャーは必要最低限揃っていると考えて大丈夫です。電源、基本的な文具類、Wi-Fiも、整備されていないシェアオフィスはほとんどないでしょう。プリンター複合機も設置してあるところの方が多いです。他に、自動販売機もしくはフリードリンクサーバーなども置いてあるところが主流でしょう。
設備としてあるにはあるけれど、オプション扱いのため別途利用料が発生する可能性が高いものとしては、個人用ロッカー、有線LANなどでしょうか。東京のシェアオフィスは、大部分がオフィスとして必要な備品設備を完備していると考えて大丈夫でしょう。


仕事をするのに事務所が必要になります。その場合はシェアオフィスが最適です。コスト面も削減でき、会議などをするのにも整った設備があるからです。シェアオフィスは東京で探しましょう。